神鳴り日記

神鳴り日記

Entries

2014 富士山 富士宮ルート



8/25・26で富士山にいってきたよ!(´∀`)

5:00 駅で待ち合わせをして出発

8:00 水ヶ塚公園駐車場到着

毎年富士山は交通規制が入って、
一般車両は五合目まで行けないんだけど、
それでも何日間は五合目まで行ける日があるのに、
今年から一般車両全面通行禁止になったので、
今回は富士宮ルートで登るので、
東名高速乗って水ヶ塚公園駐車場まで行って、
自衛隊と米軍基地が富士山の麓にあって、
途中から自衛隊だらけで、
迷彩服だらけだなーって思ってたら、
米軍の装甲車が片道塞いでて、
米兵はアホみたいにマッチョだし、
そりゃ真珠湾攻撃みたいに卑怯な事しないとあんなのには勝てないよwww
とか話しながら駐車場に到着。

30分おきに五合目まで行くバスが出てるので、
8:30のバスに乗ろうって思いそれまでに準備をして出発。

五合目に着いたらほとんど曇りだったけど、
時々雲がなく雲海が見えてちょっと興奮しつつ食堂でご飯食べたんだけど、
本当美味しくなかったw
なんかウドンを初めて見た外人が想像で作ったウドンって感じの味だったw
カレーウドンも普通のウドンにカレーがかけてあるカレーウドンだったし、
中々ここの食堂はパンチの効いてる食堂だったw

登山口入り口の前でストレッチをしてたんだけど、
今年から任意で入山料1000円を払うってのが始まったんだけど、
2・3割の人しか払ってないみたいだよーってのを聞いてたから、
どうなんだろう?って見てたんだけど、
ほとんどの人が払ってなかったね(´・ω・`)

俺らは元々払う気だったし記念の缶バッチ欲しかったから入山料払ったけど、
正直缶バッチとガイドブックもらえなかったら払わなかったかも。

このお金は何に使いますって発表してないから、
何に使われるか分からないから払いたくないって人がほとんどみたいなので、
保全活動やこれに使いますってのをちゃんとすればいいのになーって思った。

五合目 11:00発

五合目でストレッチをしながら降りてきた人達に天気や富士宮ルートの事聞いたりして、
覚悟を決めて出発!

去年の富士山はペースも分からずハイペースで登った結果高山病で最悪だったので、
今年は本当ゆっくり登る事を心がけて、
よく登山はキツイってみんな言うけど、
そりゃそこそこなペースで登ってれば息も切れるし、
疲れてから休憩するから、
そりゃ疲れもとれないのは当たり前なので、
今年はガイドブックに乗ってる時間の倍の時間をかけて、
疲れる前に休む!ってのを徹底して登ったので、
後続の人達にどんどん抜かされたけど、
俺らは10分登って5分休むのを徹底して登りました(´∀`)

六合目 11:40着

須走ルートと違って山道みたいのがないのでたいして景色も変わらずダラダラ登るw

新七合目 13:30着

六合目からこの新七合目までがそこそこ距離があって、
この間に晴れて雲海が見えたり写真撮ったりしてまだ楽しかったw

元祖七合目 15:40着

本当は八合目に泊まりたかったんだけど、
八合目の山小屋が屋根の工事をしてるから、
泊まる事は出来るけど夕飯は出せないって言われてたので、
今年は高山病になりたくなかったら七合目に泊まる事にしたのだけど、
従業員の態度の悪さが凄かったw

着いてまず寝る所の説明を聞いてたんだけど、
俺とりゅうけんは去年の山小屋のひどさがあったから、
今年は広いね!ってちょっと興奮気味に話をしてたら、

話聞いてもらえます!!!

ってめっちゃ怒られてすげーキレ気味で、

布団の場所で飲食禁止です!
クリーニング出すのにうん十万円かかるで!飲食は横の部屋でお願いします!!

ってなんかすげーキレ気味で言われて、
クリーニング出すのにうん十万円って言い過ぎだろw
って思ってたら、
その後他のお客さんが来る度に説明してたけど、
飲食禁止以外やっぱり言わなかったねあの野郎w

んで夕飯まで時間がらあったから、
ストレッチしたりのんびりして、
18時からご飯食べたんだけど、
去年の山小屋の夕飯は弁当みたいな感じで、
米とハンバーグとカレーと漬物で、
全体的に量が少なくて辛かったんだけど、
今年はカレーで米もちゃんと量があったから凄く嬉しかった♪

その時に朝食ももらうのだが、
今年はよくそこら辺に酵母パンって売ってるじゃん?
あれとアンパンとソイジョイと紙パックのお茶で、
こんなもん自分らで買ってこれるわ…ってなったのと、
高山病になった時や高山病になる原因で、
血液中に酸素が足らなくなり血管が酸素を運ぼうと必死な時にチョコレート食べると、
ポリフェノールのせいで高山病になったり悪化するって、
去年高山病で死にかけたりゅうけんが調べてきたんだけど、
俺の朝食のソイジョイがまさかのチョコレートで、
この山小屋のやつらマジでムカついたw

殺す気か!

夕飯食べてる時にご飯だけ食べに来た登山者がいたんだけど、
ここの山小屋は食事だけは14時までだったので、
俺らは九合目までは遠いから七合目で泊まったんだけど、
その登山者の人は八合目に泊まるから七合目でご飯食べようと思ったみたいだけど、
この山小屋が14時までしか食堂やってないの調べてなかったみたいで、

ご飯出せないですね!ここで今日泊まるなら今すぐカレー出せますよ!
そうじゃなきゃ無理ですね!

って登山者の人に容赦なく言ってて、
ここの山小屋はカップラーメンもないのか、
その人達はちょっとしたお菓子だけ買って八合目に向って行ったけど、
そもそも山小屋って登山者を助ける為のものじゃないの?
商売で山小屋だしてるのは分かるし、
調べてこない登山者もどうかと思うけど、
人情ってのはないのかね?
あの人達が空腹のまま富士登山なんてどんだけ危険かわかってるのに、
本当ここの従業員嫌いだわーって思ってたら、
横の家族のお父さんがカレーお代わり出来るか聞いたらお代わりできますよってなったから、
俺らもお代わりできんの?って思い横のやりとりを聞いてたら、
お父さんがじゃあお代わり頼みます♪
って言った瞬間にじゃあ千円になります!って言ってきて、
結局子供の分だけ一杯お代わりしてたけど、
本当ここの従業員嫌いだわーって思った。

ご飯食べ終わり速攻寝て12時に起きて12:30に御来光に向けて出発しようと思ってたんだけど、
23:30位にトイレで起きてトイレ小屋が外だから外出たら、
死ぬ程強風で一瞬で目が覚めてしまう程寒かったので、
俺はもう目が覚めちゃったから、
頂上に向けてストレッチしたり、
準備を始めてたんだけど、
飲食が出来るか横の部屋が夜8時~朝6時まで使えないってなってたので、
狭い入り口のスペースで洋服着込んだり朝食食べてたりしたんだけど、
後から来た団体の人達も12時出発みたいで、
皆バタバタ用意をしてた時に、
唯一のスペースで俺がご飯食べてたから、
後から来た1人で登ってるであろうおっさん1人が、
寝る所の前の通路でご飯食べてたら、
従業員がその団体のガイドさんと喋ってたと思ったら急に、

おい!おっさん!そこ邪魔や!

って言い出し、
そこしかスペースないのに、
本当ここの従業員嫌いだわーって思った。

仕方ないので俺はもう少し準備したかったけど、
おっさんに場所譲って寝るスペースの方に戻って暗い中準備をしてたら、
りゅうけんも音で起きたのかいつの間にか起きてて、
ご飯食べようとしたら従業員に邪魔だから外で食えって怒られてたw

気温5度以下で強風で立ってられない状態で外で食えってあそこの従業員ゴミしかいないなw

もう笑ってしまったw

んで何だかんだ準備して12:20出発

1:20 八合目着

風がただひたすらに地獄だし、
霧がひどくて前が見えなかったけど、
星空が見えて本当綺麗だった。

2:30 九合目着

とりあえず九合目までって思って登って、
九合目にいた人に話しかけて上まで行きます?って聞きまくってたら、
ツアーで来てる人達は全員九合目で危険って判断して断念で、
個人で来てる人達が何人か上に向かってるけど、
みんな引き返してきてるし、
山頂の山小屋もこの天気だとやってるかわからないって、
声かけたガイドさんと九合目の山小屋の人に言われて、
どうするか迷ったけどとりあえず九合半の山小屋まで行こう!ってなり、
九合目から上がる時は俺らしか登る人がいなくて、
とりあえず進めるだけ進もうってしたら、
何か女の子二人が後ろから着いて来て、
先にいってもらおうとおもったら、
私達も行ける所まで行こうと思って!って俺らの会話を聞いてついて行こうとおもったらしくw
じゃあ一緒に行ける所まで行こうってなったら、
俺らが進んだもんだから、
団体客が上に進んだ?って周りが勘違いしたのか、
それから続々と登り始めてw
けどそこからが本当に地獄で、
風の強さが今まで生きてた中で1番強くて、
場所によっては立ってられない程の強風で、
何処かにつかまるか四つん這いで登るかって風だし、
視界は2m先位はもう見えないから、
足元をヘッドライトで照らすけど、
足元もまともに見えない位の霧で、
何とか九合目半の山小屋着いたら山小屋もう時期的にやってなくて、
このまま進むか下山するかってなったけど、
まだ真っ暗だし、
登ってきた道ほとんど崖だったから、
ここで休む事も出来ないし、
山頂の山小屋やってるだろう!
って思って、
それならもう御来光は諦めて、
登るだけ登って朝日が昇ってから降りよう!
って事でまた登り、
強風と霧で前も見えないような状態で本当どうにか山頂到着!

5:10 山頂着

もう周りは明るくなり始めてヘッドライトもいらなくなった頃山頂に着き、
暖をとりたくて山小屋がやってたからそこに逃げたけど、
中は大混雑でそれでも他に行く場所ないから、
中で席が空くのをまち800円のカップラーメンを食べた!

美味しかった!

けど本当は豚汁があるなら豚汁が良かったな!w

んで本当は剣ヶ峰(本当の山頂)に行きたくて、
四つのルートの中で1番剣ヶ峰に近い富士宮ルートを選んだんだけど、
もう風がひどすぎて、
これ以上の風ふいたら飛ばされて死ぬなって位真っ直ぐ歩けなかったから、
今回も剣ヶ峰は断念して、
日は昇ったが太陽はみれなかったけど、
道が明るくなったからそれで下山を開始!

6:30 下山

下山はみんな早く帰りたかったから黙々と歩いたんだけど、
みんな足の踏ん張りがきかないし、
登りもそうだけど、
登ろう下ろうって足をあげて片脚の時に突風ふいて、
飛ばされて倒れたり転けたり、
霧がひどい時は2m先はもう見えなく、
平均的に前後5m位の視界しかなかった程度の霧なので、
道がビチャビチャで滑って転んだりして、
雨は降ってなかったけど、
霧の水分量が多すぎて洋服もどんどん重くなってくるし、
風と霧のせいでどんどん寒くなってくるしで、
けどこれで足止めるともう2度と帰れないねーって事で、
時々ある崖の下で風よけて休憩して、
どうにか降りてきた!

下山は何の記憶もない!w

唯一覚えてるのは、
途中大きいトートバッグ?みたいなのを三つもって、
めちゃくちゃ軽装のおばちゃんがいて、
大丈夫かあの人…って思いつつ抜かしたら、
すぐ風がよけられる崖があったので、
そこで休んでいたら、
そのおばちゃんも近くで休み始めたと思ったら、
何か後ろから声が聞こえるなーって思いおばちゃんの方をみたら、
おばちゃんは風がよけられない場所に座りながら、
紙を出してお経を唱え始めた…

皆体力も気力もギリギリなのに、
後ろでお経唱えられると、
もう俺らは実は死んでるのかな?
って思ってしまうし気が滅入る!

気持ち悪かったので速攻休憩やめたのが、
唯一下山で覚えてる事かなw

10:30 五合目着

六合目位から大雨降ってきて、
強風のせいで雨がめちゃくちゃ痛かった。
合羽を着るか迷ったけど、
もうあとちょっとだし今更雨降ってきても、
もうビチャビチャだったら黙々とおりて、
バス乗って二合目の水ヶ塚公園に帰り着替えて、
女の子も同じ駐車場だったから、
皆で写真撮ったり、
富士山の悪口言ったりしてバイバイして、
車に乗って帰ったら、
下界はアホみたいに晴れてるし、
途中見えた富士山は笠雲はあるけど、
7・8合目位から下は一切雲ないし、
今回は今シーズンでベスト3に入る天候の悪さだって言われてるし、
前日と次の日の人に登った人のTwit...
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

神鳴り PROFILE

神鳴りakaEUG

Author:神鳴りakaEUG
私は自分で作った『桜のアクセサリー』を持ち、全国を旅しています。
桜の季節に桜の木の下で路上販売をしていると、凄く楽しく、桜を見に来ていやな顔をしてる人はいなくて、みんなニコニコして笑顔が伝わり、
桜を見に来てる方、
自分の作品を見に来てくださってる方々、そして自分、
みんなが笑顔で本当に幸せな空間でした。

桜が咲いているときはみんな嫌な事を忘れて
笑顔になってもらいたい。

この気持ちを伝えてく、桜の季節以外でも
桜をメインにしています。

桜が咲いている期間が短いように、
私がその土地で路上販売できる期間も短いです。
作品を見に来ていただいたり、ヒマ潰しなどでご来店いただき、
桜が咲いている時のように、
私との縁を楽しんでいただきたく、旅にでています。
また見かけた際にはお気軽にお声をかけてください。

会える日を楽しみに旅を続けます。
最後まで読んでいただきまことにありがとうございます。


神鳴り


◆information◆

mail: kaminari.aka.eug@ezweb.ne.jp

Facebook:桜のアクセサリー 神鳴り

Twitter: kaminariakaeug

LINE: iranimak

通販: http://key-shop.jp
通販は通販サイトに作品がない場合、
私に直接メールを頂ければ、
ご希望の作品の写真をお送りし、
その中から選んで頂ける事も可能です。
(但しその作品の在庫がある場合に限ります)

買取・物々交換: お手持ちの使わなくなった、
銀・金・プラチナと、
神鳴りの桜と交換する事が出来ます。
ブランド・デザインは関係なく、
重量で計算いたします。
もしご不要な貴金属がございましたら、
交換や買取を行っておりますので、
お気軽にご相談ください。

NEW ENTRY

COMMENT

TRACK BACK

カウンター

右サイドメニュー

BLOG内を検索

ブロとも申請フォーム

QR CODE

QRコード